牡蠣まるごとせんべいが第5回ザ・広島ブランドに認定されました。

製品紹介

広島県東広島市に位置する安芸津は、安芸灘に面した瀬戸の島々に囲まれたおだやかできれいな海が広がります。その海で育った安芸津名産の「牡蠣」と、この地域独特のレンガ色の肥沃な赤土で育てられている「まる赤」馬鈴薯を使った「牡蠣まるごとせんべい」。贅沢に牡蠣をまるごとひと粒乗せ、焼き上げました。牡蠣専門店が厳選したお酒のお供に合う濃厚な逸品です。


広島安芸津産牡蠣をまるごとひと粒。

安芸灘に面し瀬戸の島々に囲まれたおだやかできれいな安芸津の海。ここは、注ぎ込む大きな河川が近くにないため、この海域は塩分濃度の高さが特長です。塩分濃度の高い安芸津の海域で育った牡蠣は、広島牡蠣の他のエリアと比べると小ぶりですが、身がしまって、味が濃厚と、おいしさに定評があります。その安芸津産の牡蠣を焼き上げ、せんべいにまるごとひと粒のせております。

生地は安芸津特産、「まる赤」じゃがいも。

せんべいの生地の主材料は安芸津特産、「まる赤」じゃがいも。広島県安芸津の赤崎地区で栽培されるこのじゃがいもは。温暖な気候と瀬戸内の潮風を受けて、この地域独特のレンガ色の肥沃な赤土で育てられています。ミネラルが豊富なこの土で育ったじゃがいもはでんぷん質が高く、ほくほくした美味しいじゃがいもであり、関西市場では高値で取引させるため、味・価格ともに日本一の名声を得ています。
「まる赤」ブランドとして全国に知られ、地元でも大変人気ですが、収穫量は限られているため貴重なじゃがいもとも言えます。そのじゃがいもを贅沢にせんべいに致しました。